企業としてのリップルと仮想通貨としてのXRP – NEWSBTC 01/31/2018

Invest DivaのKiana DanialがNewsBTCより仮想通貨の最新情報をお伝えします。月曜日リップルのXRPは、他の仮想通貨と同じくわずかに引き戻しました。対米国ドルの価格は一目均衡表の雲を下抜け、61%のフィボナッチリトレースメントレベルの1ドル40セントがキーピボットレベルとなっています。中期的に見ると87セントの位置でサポートされています。XRPはドバイの取引所、ビットオアシスに上場したばかりで、ビットオアシスによると、XRPの追加は「要望が多いため」とのことです。この報道により、日曜日リップルの価格が一時上昇しましたが、仮想通貨に関してはこのような一時的な動きは真に受けるべきではないでしょう。 ここ一年で急成長を見せたリップルですが、投資する際に気を付けるべき点がいくつかあります。そのうち一つは、大企業や銀行と提携していることでリップルの人気は高まっていますが、仮想通貨としてのXRPと企業としてのリップルには大きな違いがあるという事です。リップル社の主要ビジネスは、ブロックチェーンを活用した銀行向けのソフトウェアを販売することであり、その他にもリップルはxVia、xRapid、xCurrentという製品を開発しています。そのうちxViaはまだ開発途中ですが、市場に出回れば銀行や企業はXRPを使用しない送金が簡単に行えるようになります。そのためXRPの将来は、リップル社とそのパートナー企業が取引にXRPを使用するかにかかっていると言えます。ご視聴ありがとうございました。投資は自己責任で、また次回お会いしましょう。